カシュクール

カシュ クール


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ディテール

 〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



カシュクール
カシュクールとはフランス語で、隠れるという意味の「カシュ」と、

心臓の「クール」が一体化、胸が隠れる程度の短いトップスのことです。

カシュクールは元来の意味では、ベストやボレロのように短めのものをさすが、

現在の解釈では広く、巻きつけるタイプのブラウスやシャツをいいます。

胸のあたりを隠すように、上半身を巻きつけて打合わせを着物風にし、

通常はボタンを用いないで前や後ろで結んで整えるタイプが多いです。

1980年代頃に登場し、包むという意味の「ラップ」からラップブラウスとも呼ばれます。

フランス語で体を「コール」といい「カシュコール」という名で呼ばれることもあります。

素材は伸縮性のあるジャージや、柔らかさを強調するシフォン風素材などが中心で、

軽く羽織るアイテムとして便利で、かつおしゃれ度も高いです。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.