ドレープ

ドレープ


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ディテール

 〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



ドレープ
ドレープとは、布をたらしたときに出る、ゆるやかなヒダ、またはたるみのことで、エレガントな印象を与えるテクニックです。

ドレープは、布で覆う、飾るといた意味があります。立体裁断のこともいいます。

古代の衣装は、布をそのまま体に巻き付けたものです。

シュメール王朝末期からバビロニア時代にかけても同様で、どちらもいかに美しいドレープを作るかが着こなしの基本でした。

その後もひだは重要視され、王侯貴族になるほど、ひだをたくさん用いるようになった。

以後、ひだを贅沢に使うのでは、権威の象徴にもなり、ひとことでドレープといっても種類は様々です。

たとえばロンドン発のイングリッシュ・ドレープは、1930年から1940年代にかけてメンズファッションの主流。

むねにたっぷりドレープを寄せ、袖山を大きく作った。その後も、男性ファッションに大きな影響を与えました。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.