チャッカーブーツ

チャッカー ブーツ


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク
アパレル用語辞典TOP<服飾品

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



チャッカーブーツ
履き口はくるぶしが少し隠れるくらいの浅めで、2対の穴が付いた紐式の革製ブーツのことです。

コードバン(馬の尻の皮下層にある、緻密度が牛の3倍もある革でタンニンなめしにしたもの)や

カーフなどの丈夫な革が使われることが多くみられます。

チャッカーはポロ競技の試合時間(1チャッカーは7分30秒)をいい、

もともとポロに競技用の乗馬靴として使われていたところからこの名が生まれました。

デザート・ブーツ(第一次世界大戦中、英国陸軍が砂漠行軍用として履いたことから、あるいわ素材の色が

砂漠の砂を連想させるということでこの名が付いた)の

原型とされるクラッシクなブーツで、タウン・シューズとして用いられることが多くあります。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.