パンタロン

パンタロン


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<アイテム

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



パンタロン

フランス語でパンツ(ズボン)の総称です。

語源はイタリア喜劇で、道化役を演じた俳優パンタローネの衣裳の長ズボンのことです。

英語ではパンツ、トラウザーズ、またはパンタルーンズとよびます。

フランス革命(1789年)以後、キュロットに代わって着用された男性用のズボンで、形は、細く脚部に沿ったものや、

緩みをもった真っ直ぐなものなどがあり、以後、時代とともにトリコットのぴったりしたものや、

踵に掛けるベルトが裾に付いたものなど、様々に変化して、脚衣として発達しました。

19世紀初期に女性のスカートの下に穿かれた下着用の装飾的なズボンのことです。

1809年頃からフランスに現れ始めたといわれ、ルーツは、イギリスのパンタレッツです。

外衣としては、19世紀後期から次第に普及し、1970年代初めには、スラックスと区別した婦人用タウンウェアとして流行しました。

日本では、特に1967年から70年代初期に流行した裾広がりのズボンをさす場合が多いです。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.